カラコンの安全性について

最近ではモデルや芸能人も多数愛用しているカラコンですが、カラコンは危険だという話も聞いたことがある人も多いかと思います。カラコンが危険だと言われていたのは、2009年までは薬事法の対象になっておらずおしゃれを目的とした雑貨として扱われていました。

 

通常のコンタクトレンズはもともと視力の悪い人が入れるものですので眼科に行き医師の処方箋をもらわなければなりません。

 

ところがカラコンは雑貨ということで、処方箋が必要なく若者が簡単に手に入れられるということもありこれがカラコンの危険性を浮かび上がらせる原因になりました。当時のカラコンはいわゆる無法地帯状態で粗悪なものも多く混ざっておりこれがカラコン有害説を広めてしまう結果になりました。

 

しかし、2009年以降は薬事法で制定され「カラコン=医療機器」として認定され、審査が厳しくなりこういった粗悪品が混ざっていることはないでしょう。

 

最近のカラコンはサンドイッチ製法といって着色部が直接目に触れることはないので、その点も安心できます。

 

それでも不安な場合は口コミで人気の高いカラコンショップがおすすめです。そういった人気ショップは医療機関の審査を受けているところも多く安心して利用することができます。

 

最近では度アリのカラコンも多く発売されていますのでおしゃれと視力補正の両面からカラコンを楽しむことができます。

  • 2015/07/02 21:55:02